クレジットカードを手渡す場面

Airbnbへ支払う手数料15%は高い?安い?

Airbnbの仕組みとは

Airbnbの仕組みを簡単に解説します。

覚えておきたい単語は「ゲスト」「ホスト」です。ゲストは、部屋を借りたいと考える旅行者で、ホストは部屋を貸したいと考える運営者であり、物件所有者などです。Airbnbを利用するには、ゲストでもホストでも、登録してアカウントを作る必要があります。このアカウントは無料で作ることができます。

ゲストが部屋を探すときは、AirbnbのWebサイトにログインして、訪問する地域、部屋の大きさ、宿泊費用などの条件から候補を絞ります。各部屋には、外観や内観の写真、揃っているアイテムの写真などが掲載されているので、それを基に判断することができます。一般的なホテル予約サイトのような仕組みとほぼ同じです。ゲストは、宿泊料の6%~12%を手数料としてAirbnbへ支払うことになります。

一方、部屋を貸し出すホストは、部屋の写真を用意し、魅力的な案内文を用意しなければなりません。掲載は無料と説明しましたが、ゲストが予約をすると、宿泊料金の3%をAirbnbへ手数料として支払わなければなりません。

ゲストが支払う手数料とホストが支払う手数料を合計すると10%~15%が手数料としてAirbnbに支払われます。この金額を高いと捉えるか低いと捉えるかは、その仕組みを理解してからでなければ判断できません。

Airbnbは利用者に便利な機能が沢山

Airbnbは、安定したWebサイトを提供することはもちろん、ゲストやホストが使いやすい便利な機能をたくさん用意しています。お互いが簡単にやり取りできるメッセージ機能もその一つです。宿泊に関するやり取りが行われますが、個人情報を漏らすことなくコミュニケーションをはかれます。

予約が成立すると、お互いの電話番号が開示される仕組みになっています。ホスト側も個人で運営している人が多いので、最後の最後まで個人情報が守られる点は、ゲスト、ホスト共に便利です。

Airbnbの手数料への不満はほとんどナシ!

また、お金のやり取りもAirbnbが仲介してくれるので、ホスト側からすれば宿泊料金をもらえないリスクを、ゲスト側からすれば開示されていた情報と明らかに違うサービスを受けた時に支払いをストップできる可能性を残しておくことができ、共にメリットがあります。

ホストは、ゲストがチェックインしてから24時間後に、Airbnbから宿泊料金を受け取ることができる仕組みになっています。

以上のマッチングサービスを提供するAirbnbですが、手数料を15%とられることに対する不満はほとんど聞かれません。その手数料を支払っても余りある便益を受けられているからでしょう。

投稿者: 編集部担当デスクB

編集部担当デスクB
Airbnbや民泊の記事中心に編集しています。