美味しそうな朝食

利用するゲストにとって民泊の魅力は何?

ホテルや旅館にはない体験ができる「民泊」

民泊が人気です。ここまで人気になったのは、民泊専門のマッチングサービスAirbnbのおかげだと言われています。

民泊を利用した人たちが口々に言うのは、ホテルや旅館にはない体験ができることが民泊を利用する魅力だという事です。民泊を利用すると、現地の人と交流をはかることができます。1部屋を借りる場合でも、1つ家の中には現地の人が住んでいることもあり、現地の生活を垣間見ることができるかもしれません。

宿泊施設を提供するホストの中には、旅行者との交流を積極的に楽しむ人もいます。朝食を作ってもてなしたり、休みの日は観光を案内したりする人もいます。ビジネスとして対価をもらって街中を案内するなど、オリジナルサービスも広がっています。これらは、民泊を利用する魅力の1つになっています。

宿泊料金の安さも民泊の魅力の1つ

宿泊料金が安いことも民泊が人気をはくしている理由の1つです。民泊の宿泊料金の相場はホテルや旅館にくらべてとても安くなっています。特に、民泊を始めたばかりの人は、Airbnbにも多くいますが、相場よりも安く宿泊料を設定することで稼働を増やそうとします。そこは、ゲストにとって狙い目です。また、長期滞在することで宿泊料金を安く設定するホストも多く、ゲスト共々メリットがあります。

旅行シーズンになるとホテルも旅館も予約でいっぱいになります。ネットサービスの様に、需要が増えたらその分サーバーのスペックを上げて対処すればいいなどの芸当は通用しません。物理的な宿泊施設の不足を補うには、その分の宿泊施設を用意しなければ解決しません。

そこで、民泊の登場です。人気のあるホストの部屋は閑散期でも繁忙期でも予約で埋まっているようですが、所詮、素人が運営する民泊です。繁忙期でも泊まれる施設を見つけることができるのは、旅行者にとって頼もしい限りです。

国際交流の場として、ビジネスとして、可能性を秘める「民泊」

以上のように、ゲストにとって多くの魅力を持つ民泊です。日本人が海外を旅行する際に利用するケースも多く、ネットでの評価は上々です。そもそも、海外旅行の醍醐味は現地の人との交流です。つたない英語や現地の言葉を使って交流をはかることが出来れば、その旅は、1つ上質なものとして記憶に残されるでしょう。

また、ゲストとして海外の民泊を経験したことをきっかけに、日本で自身が民泊の運営に乗り出したという体験談を聞くこともあります。いずれにしても、国際交流の1つとして、また、ビジネスとして大きな可能性を秘めていると言えます。

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。