稼いで喜んでいる男性

民泊を始めるホストにとってのメリットは何?

家や部屋を旅行者に貸し出す人のことを民泊のホストと言います。ホストになるメリットは何でしょうか。

民泊を始めるホストが増えている理由

副業として民泊を始めるホストが年々増えています。これは、訪日外国人が増えたことで、いつも満室のホテルや旅館の代わりになると期待され、政府や役所の後押しが期待されるからです。テレビや新聞のニュースで取り上げられることもあり、民泊と言う言葉は世間に浸透してきたと言えます。

副業の他にも、空いている部屋や、物件を有効活用したいというニーズもあります。子供が大きくなって部屋が空いている家や、売りたいが買い手が見つからない家など、民泊向けの家が多いのも現実でしょう。また、少しの初期投資で始められるのも、民泊ブームを盛り上げる一因です。

国際交流目的で参入するケースも

金銭的なメリットが副業を始める理由の人は多いと思われますが、国際交流を深めたくて参入する人もいます。その理由は、民泊を利用する人の多くが外国人であり、特に、民泊専門のマッチングサイトAirbnbを利用する場合は、その傾向が顕著です。

外国人を自分の家や部屋に宿泊させ、朝や夜の食事を一緒にとったり、空いている時間に街案内をしてあげたりと、国際交流が好きな人にとっては、楽しい時間が過ごせます。英語を勉強したい人にとっても、日ごろ学んだ語学学習の成果を実践できる貴重な場にもなりえます。海外にホームステイする感覚を日本国内で味わうことができると民泊の良さを表現する人もいるくらいです。

民泊参入の敷居は低くなってきている

民泊を運営するメリットは、いろいろ見えてきました。ところで、民泊の運営は簡単なのでしょうか。運営者に聞いてみると、ほとんどの人から「Airbnbを使って宿泊者を募集している」と聞かされます。

Airbnbは、ホストである運営者に代わって、お客を集めてくれます。世界中で使われているサービスのため、集客効果が高いことで知られています。また、お金の管理もAirbnbが代行してくれます。この点も、運営者にとってメリットです。

実際にホストの運営者が自身で行うことは、宿泊したい人の質問などに答えることや、鍵の引き渡しと受け取り、宿泊客が帰ったあとの清掃です。

実は、先に挙げたホストがやらなければならない仕事も、代行する業者が存在するため、全てを外注に任せることも可能です。そのため、民泊ビジネスに参入する壁が低くなっているのが現状で、今後ますます民泊を始める人が増えそうな状況です。

投稿者: 編集部担当デスクB

編集部担当デスクB
Airbnbや民泊の記事中心に編集しています。