ダイヤモンドが立っている

民泊の成功には立地条件が大切!

民泊成功のカギは「立地」にあり!?

民泊を始める時にもっとも重要視しなければいけないことは、立地です。最寄りの駅から歩いて何分かかるのか、コンビニやファミレスは近くにあるだろうかなど、事前に確認するべきことはたくさんあります。

民泊のマッチングサイト大手Airbnbでは、もっとも重要な条件が「アクセスの良さ」と言われています。特に日本を訪れた外国人にとって、駅から簡単に目的地を見つけられるアクセス条件は、重要性が高いようです。日本語が話せないので道を尋ねることが難しい外国人ならではの必須条件かもしれません。

観光地やイベント、コンビニへのアクセスの良さが重要

ほかにも、近くに有名な観光地があることも重要な条件になっているようです。東京スカイツリーまで徒歩10分であったり、渋谷まで徒歩で行ける立地であることは、交通機関を使うことが面倒くさい、もしくは苦手な外国人にとって魅力です。「〇〇まで徒歩〇分!」というキャッチコピーを掲げられることは、民泊成功の入り口かもしれません。

季節のイベントも重要なキーワードです。例えば、桜の季節になれば近くに桜の名所があればゲストにとって大きな魅力です。夏には、近くで花火が見られるスポットや、秋は紅葉のきれいな公園がある場所は、ますます魅力に拍車がかかります。

外国人にとって魅力的な条件の1つに「コンビニ」や「ファミレス」が近くにあることが挙げられます。安価に食事を済ませたいと考える旅行者も多く、散歩がてら食事を済ませられることは好条件です。そもそも、民泊を利用する人達は、旅行費用を安く抑えたいと考える傾向があるので、食費や交通費が低く抑えられる立地は人気です。

民泊に向かない立地条件とは

民泊に向いている条件を見てきましたが、逆に、民泊に向かない条件もあるようです。その1つは「静かな住宅街」です。静かな住宅街は往々にして駅から距離がありますし、歩いている途中で人影が少なくなります。早朝や深夜に出歩くこともある旅行者にとって、静かで人の少ない立地は、あまり好まれません。

近隣住民とのトラブルも避けなければなりません。ゲストで訪れる人たちは旅行者です。夜の10時をまわったからといって静かに眠りにつくとは限りません。国籍や年齢によっては、夜中に大騒ぎしてしまう人達もいます。近隣住民や大家さんから理解を得られる立地を考えなければなりません。

以上のように、民泊を成功に導く「立地」という条件は何よりも最初に考えなければいけないポイントになりそうです。

投稿者: 編集部担当デスクC

編集部担当デスクC
民泊系の記事を中心に編集しています。