6つのシュークリーム

民泊成功の心得☆ゲストを喜ばせる

数ある部屋の中から自分の部屋を選んでくれたゲストです。何としても、快適に過ごしてもらいたいものです。そこで、ゲストを迎える時に準備しておきたい素敵なアイデアをまとめてみました。

親しみやすいハウスマニュアルやガイドブックを用意しよう

Airbnbを利用するゲストが注目するポイントは、宿泊料金はもちろん、部屋の写真から伝わる印象であったり、過去に宿泊したゲストのレビューであったりします。特にレビューは重要です。高いレビューを獲得するためにも、サービスの質をあげましょう。

ゲストが部屋を訪れてまず目にするのが「ハウスマニュアル」です。消灯時間を伝えたり、ゴミ出しのルールや、キッチンを使う時のルールなどを分かりやすく伝えたりする物です。後々のトラブルを回避するためにも、挿絵などを使った分かりやすく、親しみやすい物を作りたいものです。

ゲストは、旅行を楽しむ過程で宿に宿泊するケースが多いです。そうなると、ゲストの関心は必然と観光情報に集まります。民泊で貸し出す部屋の周辺にある観光地や、美味しい食堂などの情報を「ガイドブック」としてまとめ、いつでも見られるようにしておくと喜ばれます。

「ガイドブック」は、特に有名な観光地である必要はありません。近所のショッピングモールや、大きな公園、神社など、外国人の視点で喜びそうなポイントをまとめておくだけで、訪日外国人には喜ばれそうです。

ちょっとした果物やお菓子でおもてなしの心を

「ウェルカムフルーツ」と言う言葉を聞いたことがあるでしょう。ホテルの部屋に入ると、ささやかなフルーツが置かれています。旅の疲れを、ちょっとした食べ物で癒したい、そんなゲストのニーズをとらえた、おもてなしの心です。

民泊で「ウェルカムフルーツ」のようなものを提供するホストもいます。実際には、御菓子をテーブルの上に置いておき「ご自由にお召し上がりください」と一言添えておきます。先に紹介した「ハウスマニュアル」などには、禁止事項などが並びますので、おもてなしの心が伝わりませんが、御菓子やガイドブックなどを置くことで、温かく迎えられているという印象を強く与える事に成功します。

ターゲットが明確ならば工夫がしやすい

独自の工夫をこらすだけではなく、既存のアメニティーや部屋の内装にこだわるのも1つの方法です。ターゲットを明確にすることができれば、そのターゲットに照準を絞った工夫をするのも面白いでしょう。女性をターゲットにしているのであれば、可愛い女性らしい雰囲気を演出することが考えられます。

最近はWi-Fiが使えるようにすることで、滞在中にゲストがインターネットで様々な情報収集を行え、喜ばれることが多くなりました。

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。