写真に写る電車

民泊成功の心得☆ゲストが知りたい情報を提供

ゲストが知りたい情報を提供して高い評価をもらおう

Airbnbなどでもそうですが、民泊を成功させるために大切なことは、ゲストのレビューです。宿泊した部屋の体験をFacebookなどのSNSでシェアする人もいるでしょう。そこで、高い満足度を示してもらえることが、次の予約につながります。

ここでは、部屋のアイテムを充実させることや、内装にこだわることではなく、ゲストが知りたい情報を提供することでゲストに喜んでもらう方法を解説します。

Airbnbなどを使ってゲストを募集すれば、自然と外国人のゲストが増えます。そんな時、ゲストにとって唯一頼れるのがホストだけという事も考えられます。日本人が外国を旅行することを考えればゲストの気持ちが理解できます。

ゲストはこんな情報を求めている

ゲストがホストから教えてもらって嬉しい情報は次の通りです。
・おいしいラーメン店や居酒屋
・近所の観光スポット
・近所のスーパーやショッピングモール
・空港までの行き方

「おいしいラーメン屋や居酒屋」は、外国人にとっては日本的なお店という意味合いが含まれます。そばやお寿司のお店でもいいでしょう。手ごろな値段で食べられるお店を紹介したいものです。

「近所の観光スポット」は、観光ガイドブックに書いてあるような場所ではなく、地元の人しか知らない様な場所の方が喜ばれるようです。例えば、地元の神社や昔からある商店街、人々が集まる大きな公園などが考えられます。釣り堀や、バッティングセンターなども外国人にとっては珍しいので喜ばれます。

「近所のスーパーやショッピングモール」は、その日の食事を買い出しに出かける場所であったり、お土産を買う目的であったりします。旅行中に必要な物を買うかもしれません。そういう意味では、イオンのショッピングモールや、地元の小さなスーパーまで、幅広く紹介してあげるといいでしょう。

「空港までの行き方」は、最終日をそこで迎える人にとって知りたい情報です。都心に出てしまえば空港までのルートは比較的簡単に見つかりますが、宿が都心から少し離れている場合は、タイムテーブルと一緒に分かりやすく教えてあげると喜ばれます。

写真や地図などを利用してわかりやすくしよう

伝えるべきことは分かりましたが、もう一工夫が必要です。いずれの場所も、住所を伝えるだけでは分かりづらいので、写真や地図などで分かりやすく伝える工夫が必要です。特に、観光地や飲食店については写真があれば、分かりやすさが格段とアップします。ラーメンやお寿司などのおすすめメニューも写真に撮って見せてあげたいものです。

地図は、Googleマップを参考に、簡単な地図を作って渡してあげると喜ばれます。このような心遣いが、高いレビューに反映され、民泊運営を成功に導いてくれるのです。

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。