美味しそうな蕎麦

「とまりーな」を使って日本の田舎を民泊で楽しもう!!

独自の体験プログラムがある「とまりーな」

日本国内を旅行する際、宿泊施設は旅館、ホテルだけではなく、民泊という手段もあります。この民泊施設を紹介している「とまりーな」(tomarina.com)というWebサイトが最近注目を浴びています。民泊で楽しむ田舎体験がコンセプトです。

とまりーなの最大の特徴は、単に宿泊するだけではなく、地方独自の体験プログラムがあることです。例えば、島根県であれば、民宿に宿泊した後、出雲のそば打ち体験ができるプログラムが付いています。

この地区でしか体験できないことを味わえるというは旅の醍醐味ですよね。また、地方だけではなく大阪、京都などの都市部でも宿泊が可能です。料金も旅館、ビジネスホテル等と比べるとリーズナブルな価格になっており、日本全国を旅したいという人には大変オススメできるサイトです。

利用者の体験記が掲載されているので参考になる

ちなみに、2016年12月現在、沖縄地区だけで69件の登録があります。沖縄県内にしばらく滞在して過ごしたいというのであれば、利用することを検討してみては如何でしょうか?尚、筆者は今度この「とまりーな」を利用して、宮城県の気仙沼で漁師体験をする予定です。1人一泊4630円と価格も安く泊まれるので、大変お得だと思っています。

「とまりーな」は、利用者の体験記を見ることができます。写真付きで宿泊施設を利用した時の感想が細かく記載されている為にとても参考になります。また、農業、漁業などの体験談についても、実際にどういったことをしたのかが書かれているため、利用するまえの参考になります。

物件数の多さはダントツ!Airbnbもオススメ

民泊でおすすめなのは、やはり「Airbnb」です。知名度が高い為、登録されている物件数が、他サイトと比べても断トツに多いのが特徴です。実際に部屋に泊まったゲストの感想、レビューも参考にでき、得体のしれないビジネスホテルや旅館などに泊まるよりも安心して当日を迎えられるのではないでしょうか。

設備についても、持ち運び可能なポケットWi-Fiを完備している場所もあり、パソコンやタブレットを持っていけば、部屋の中でインターネットの利用も可能です。

日本だけではなく、海外へ泊まる際も利用できます。Airbnbに登録してある施設の中には「とまりーな」のように田舎体験をできる施設もありますので、一度参考にしてみてください。

投稿者: 編集部担当デスクC

編集部担当デスクC
民泊系の記事を中心に編集しています。