【株式会社イールドマネジメント】 売上にお悩みのホスト・民泊運用代行会社の救世主に!―(株)イールドマネジメントが相談査定すべて無料の『民泊物件買取サービス』をスタートいたします!

今や経済効果5207億円を叩き出すと言われる華やかな民泊マーケットの裏で、撤退を余儀なくされている民泊ホストや運用代行会社様の厳しい現状からの脱却をお引き受けいたします。民泊新法可決を受け、 需要の高まりとともに急騰する民泊物件数。 そのあおりを受け、 民泊サイト&大手ホテル予約サイトの新規参入が目まぐるしい民泊マーケットでは生存競争がますます激化しています。
株式会社イールドマネジメント(本社:東京都新宿区市ヶ谷、 代表取締役:中西勇治、 以下イールドマネジメント)は、 運営に悩む民泊物件の買取サービスを新たにスタートいたします。 運営代行会社様より民泊物件事業を丸ごと引継ぎ買い取ることも可能で、 査定に応じて手厚く高価買取いたします。

 

■活気づく民泊マーケットの裏で撤退を余儀なくされる民泊ホスト達の厳しい現実
爆発的に急増している民泊物件数とともに、 「Airbnb」をはじめ台湾の「AsiaYO」、 中国の「途家」「自在客」、 アメリカの「Homeaway」などと言った民泊予約サイト各社の台頭が民泊市場に続々参入し始め昨今急成長を見せています。 ますます市場が活気づく一方、 運営側の現実は厳しさを増しています。
実際の民泊運営現場では、 ライバル物件が増え、 当初の稼働率や目標収益に到達できず自転車操業に苦しむ民泊物件等は決して珍しいものではありません。 業界の華やぎの裏で想定の収益が見込めず、 撤退を余儀なくされる民泊物件は増加の一途を辿るばかり。 先ほどAirbnbが公表したデータによると、 日本の民泊ホストの平均収入は年122万円程度。 これでは様々なランニングコストや業者への委託手数料はもちろんのこと、 家賃すら支払うことは困難です。 想像を絶する現実に撤退を余儀なくされた個人経営者や運用代行会社は後を絶たず、 撤退資金も捻出できず行き詰まる物件が実情は数多く存在しています。 株式会社イールドマネジメントではそんな悩める民泊物件を広くお引き受けする買取サービスを開始いたします。

■相談・出張料・査定料すべて0円!オンラインでの査定は24時間受付
物件の見積もりご相談に当たっては、 相談・出張料・査定料一切いただいておりません。
電話でのご相談はフリーダイヤル0120-22-4014
オンラインでの査定は24時間WEB受付しております。
https://yield-mgmt.com/sell/
※ただし、 近隣トラブルなどの理由での撤退や、 地方で清掃困難な物件の買取はお受けできません。
■運用代行会社様から事業M&Aも可能です!
「トラブルや手間が多く、 事業そのものから撤退したい」「お客様には迷惑をかけずに引き継ぎたい」といった運用代行会社様からのニーズも非常に高く、 民泊事業を丸ごと買い取ることも株式会社イールドマネジメントなら可能です。 運用代行から清掃まですべてこちらでお引き受けいたします。 物件ごとに買い取りもできるので安心です。

【イールドマネジメントの買取は5ステップ】
<STEP1>電話またはオンラインにてお申し込みいただきます。
<STEP2>リスティングURLなどの情報から概算査定額を提示いたします。
<STEP3>スタッフが現地までお伺いし物件を査定。 正式な査定額を提示いたします。
<STEP4>査定金額にご納得いただければ契約成立となります。
<STEP5>契約から最短1週間以内に指定鋼材へ買取金額をお支払いいたします。

■対応エリア
現在、 東京・京都・大阪・福岡を中心に展開しておりますが、 その他の地域もまずはご相談ください。
物件の状況や管理方法によっては買取可能です。

▼サービスサイト
民泊物件買取サービス
https://yield-mgmt.com/sell/

運用代行サービス
https://yield-mgmt.com/management/

 

 

 

投稿者: 編集部担当デスクC

編集部担当デスクC
民泊系の記事を中心に編集しています。