民泊などにも対応!無料ではじめる、小規模宿泊施設向け宿泊管理サービス Staysee(ステイシー)オープン

ステイシー株式会社は、「宿泊施設のシステム導入の負担を解消したい」という想いのもと、最小限の導入コストで常に最新のシステムが利用できる、小規模宿泊施設向け宿泊管理サービス「Staysee(ステイシー)」をオープンいたしました。システムリプレースにお悩みの施設様はもちろん、そもそもシステム導入が難しいと考える民泊業者様まで、今後、ますます高まるインバウンド需要に対応いただけるようStayseeは様々な宿泊施設を応援していきます。

 

Staysee(ステイシー)は、アカウントを作成するだけで、すぐにご利用いただける小規模宿泊施設向け宿泊管理サービスです。

【Stayseeの特徴】

1.簡単操作で施設運営を一元管理
客室管理、お客様情報管理、お客様のチェックイン・チェックアウト、日次月次集計などのフロント業務から、帳票機能で料理や清掃スタッフとの連携の効率化まで、旅館・ホテル業務のサポート・コミュニケーションツールとしてお使いいただけます。

2.面倒な手続きは一切不要!
3ステップの簡単な登録で誰でもすぐにご利用いただけます。
システム導入やバージョンアップによるリプレースなど面倒な手続きはありません。

3.わかりやすい料金体系
料金プランは、ライト・スタンダード・アドバンスの3タイプ。
施設の規模や予算に応じて選ぶことができます。
無料トライアルをご用意していますので、お試しいただきながら利用するプランをご検討いただけます。
【導入のメリット】

システムの導入から、運用・管理までクラウド上で全て管理。
直感的な操作画面と多彩な機能で、フロント会計業務を効率化できます。

1.客室状況が直感的にわかる一覧画面
客室はパネル形式で表示されます。
パネルは自由に配置できますので、施設に合わせた一覧画面の作成が可能です。
パネルの種類も客室や食事会場など利用用途に応じて設定できます。

2.旅行予約サイトとの連携
「予約サイトコントローラー連携」を利用することで、サイトコントローラーを経由して、各種予約サイトや旅行代理店からの予約を繋ぎ込み、予約情報に反映することができます。

3.さまざま業態での利用
複数施設の作成ができるので、旅館、ホテルはもちろんビジネスホテルから民泊、ゲストハウスまで様々な業態で幅広くご利用いただけます。

4.売上情報はCSVで出力可能
各種日報画面ではデータをCSVで出力が可能です。
管理用のエクセルファイルや会計ソフトへのデータの取込みにも対応しています。

 

■Webサービス概要
サービス名称  :Staysee(ステイシー)
サービスURL  :https://staysee.jp/
サービス利用料 :有料(一部無料)

■会社概要
商号        : ステイシー株式会社 (英 Staysee Ltd.)
代表者       : 代表取締役 前田 益宏
所在地       : 〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-23-13
設立        : 2017年7月
事業内容      : コンサルティング、システム開発・運営
資本金       : 300万円
URL                : https://staysee.co.jp/

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。