ホテルの窓口

宿泊施設専門の予約制無料相談窓口「ホテルの窓口」を沖縄県名護市に開設!

沖縄を中心に宿泊施設の運営委託事業を展開するスターリゾート株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐々木優也)は、中小規模宿泊施設運営者支援システム「STAR PORT計画」の第四弾として、宿泊施設専門の無料相談窓口「ホテルの窓口」を4月2日より開始することを発表します。

サービスロゴ
サービスロゴ

 

■サービス概要

ホテルの窓口は宿泊施設専門の無料相談窓口です。専属コンシェルジュスタッフがマンツーマンで30分間の無料コンサルティングサービス(予約制)を提供します。
店舗所在地は沖縄県名護市(スターリゾート沖縄支社内)で、対面でのご相談対応エリアは沖縄県本島のみとなっています。対面ご相談対応エリア外ではskype、またはお電話でのご相談も可能とさせていただいています。今後は離島を含む沖縄県全域、北海道、北陸に展開する予定です。

営業時間:9:00-19:00(日曜日休み)
住所:沖縄県名護市大西2丁目4番40号 Moana Terrace1階
予約方法:下記ウェブサイトよりお申し込み
ウェブサイト:http://starresort.co.jp/hotel-window/  

■サービス誕生の背景
弊社にいただいている多くのご相談が宿泊施設の”竣工後 ”や”開業後”のタイミングです。竣工したあとに間取りの変更であったり仕様の変更は難しいので何もできませんが「竣工前にご相談いただければ費用がもっと安くなったのに」「もっと収益の上がる間取りがあったのに」という内容もかなり多く見受けられます。今後参入される宿泊施設オーナー様にはそのような失敗をしてほしくないと思い、気軽に相談できる無料相談窓口を開設することになりました。
また、民泊新法も6月より施行されることから、ご相談の増加も見込んでいます。

■担当コンシェルジュ 田口修一郎 プロフィール

1987年静岡県富士市生まれ。富士常葉大学(現:常葉大学)経済学部観光学科卒業。星野リゾート、世界最大のクルーズ船社カーニバル・コーポレーション(カーニバルジャパン)を経て、スターリゾートに参画。スターリゾート設立メンバーとして、入社と同時に沖縄で民間リゾートの開発・運営に着手。2017年1月から沖縄で活動をはじめ、約1年で20件の民間リゾート開業、運営支援に携わる。

■STAR PORTとは

「STAR PORT」とは個人で中小規模宿泊施設を開業・運営される方を総合的に支援することを目指すサポートシステムです。複数企業とのパートナーシップや当社の持つノウハウを最大限活用することで、個人で宿泊施設開業・運営をスムーズにできる仕組みを構築します。
これまでには民間宿泊に特化したチェックイン代行施設「スターデスク」や宿泊施設オーナーのまなびとつながりのコミュニティ「民間リゾート大学」などを開始している。

■スターリゾート株式会社について

「地方を変え、日本を変え、世界を変える」をミッションに掲げ、地方×訪日専門の宿泊施設運営会社として設立。沖縄を中心に遊休不動産や別荘、中古不動産の再活用として宿泊施設運営事業を手掛けています。
一棟マンションまるごとから戸建てやヴィラなどを簡易宿泊所の免許を取得した、カジュアルリゾートホテル「igusa(読み:イグサ)」、町家をホテルに再生した「幻(読み:ゲン)」を地方を中心に展開しています。

日本の本当の魅力は、東京や大阪など繁華街エリアではない。
地方にこそ、世界で戦える『日本の観光コンテンツ』があることを信念としています。
私たちスターリゾートは『宿泊施設運営事業』にとどまらず、『地方で働く』『地方で遊ぶ』『地方に投資する』仕組みをつくり、地方創生のプラットホーム企業を目指しています。

名称:スターリゾート株式会社
設立:2016年11月23日
代表取締役社長:佐々木優也
住所:東京都渋谷区渋谷千駄ヶ谷4-21-7
URL: http://starresort.co.jp/

本リリースに関するお問い合わせ先
スターリゾート株式会社 広報担当:藤野
TEL : 03-6721-0907 /  MAIL : af@starresort.co.jp

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。