宅都ホールディングスがホテル民泊事業3棟目となるゲストハウス「TSUMIKI」オープン

大阪市内で古ビルをコンバージョン、インバウンドニーズに対応する宿泊施設へ再生

不動産管理・仲介・開発など不動産に関する事業を幅広く提供する株式会社宅都ホールディングス(本社:大阪府大阪市、 代表取締役社長:太田 卓利、 以下「宅都ホールディングス」)は、 大阪市都島区にてインバウンドニーズに対応するゲストハウス、 「TSUMIKI」を7月1日(日)にオープンいたしました。

本施設はJR大阪環状線京橋駅より約5分、 地上5階建のゲストハウスです。 昭和49年築の雑居ビルとして運営されていた物件で、 リフォームを行っても収益性の向上を見込むのが難しいと判断し、 大阪城が近いという立地特性を活かしインバウンドニーズを取り込む宿泊施設としての運用をオーナーに提案。 建物の躯体や既存のインフラを活かしたゲストハウス型の宿泊施設とすることで工事費用を抑え、 外壁からエントランス、 各フロアのレイアウトまで刷新し、 ゲストハウスタイプの宿泊施設にコーンバージョンし運営をスタートしました。 宅都グループが大阪市内で手掛ける宿泊施設は今回で3棟目となり、 他2施設と同様に本施設も宅都グループがオーナーからサブリースし、 運用管理全般も一括して行います。

ドミトリータイプ(ミックスルーム)はもちろんのこと、 ダブルルーム(ダブルベッド)・ツインルーム(シングルベッド2台)・和室(マットレス2枚)・フォースルーム(シングルベッド4台)を採用した総ベッド数60台。 また2階には女性専用のシャワールーム、 長期滞在可能なコインランドリーを完備、 更に同フロアには広々としたリビングダイニングをコミュニティスペースとして設置し、 国際交流はもちろんのこと大型壁面プロジェクターでは、 映画鑑賞やスポーツ観戦、 またオリンピック観戦等が可能。 更に最上階の5階には独立キッチン・バスルーム・トイレ・洗面所がルーム内に設置されたデラックスフロアで、 テラスも併設。 旅慣れたひとり旅やバックパッカー、 ファミリー等の団体客、 また女子旅等幅広いニーズにお応えする居室タイプをご用意しています。
またJR大阪環状線を利用すれば大阪城ホールへのアクセスもしやすく、 旅行客のみならずコンサート目的で来阪されたお客様にもご利用頂けます。

今回施設名に採用された「TSUMIKI」は、 様々な木材を自由に積み上げて作る日本古来のおもちゃから連想されており、 多国籍、 異文化が交わるバブステーションを目指すという背景があります。
今後も宅都グループは近年の外国人観光客の急増に伴うインバウンドニーズの拡大に伴い、 多種多様な需要を受け入れられるお部屋のご提供と時代の変化に対応した施設サービスの展開を予定しています。

■施設概要
所在地/〒534-0025 大阪府大阪市都島区片町2-8-13
交 通/JR大阪環状線「京橋駅」徒歩約8分、 JR東西線「大阪城北詰駅」徒歩約1分
延床面積/801.31平米
築年月/昭和49年1月
リノベーション年月/平成30年5月末
ベッド数/60台
客室種別詳細/<Room>セミダブル・ダブル・ツイン・ジャパニーズスタイル(和室)・スタンダードファミリー(4名)・バンクベッドファミリー(6名・2段ベッド)・デラックスルーム(ペントハウス)<Dormitory>男女共同ドミトリー・女性専用ドミトリー

■宅都ホールディングスについて
弊社は大阪府・東京都を中心に賃貸マンションの募集・管理・開発、 さらには不動産テックを活用したライフサービスを提供する住まいと暮らしの総合コンサルティング企業です。

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。