リストプロパティーズ、シェアリングエコノミーへの取り組み強化 横浜中華街エリアにおいて『民泊事業』を開始

リストプロパティーズ、シェアリングエコノミーへの取り組み強化 横浜中華街エリアにおいて『民泊事業』を開始

-民泊運用代行企業zensと協業し、インバウンドニーズに対応-

グローカル総合不動産企業、 リストグループ(代表:北見尚之、 本社所在地:神奈川県横浜市)の事業会社、 リストプロパティーズ株式会社(代表取締役:北見尚之、 以下リストプロパティーズ)は、 年間2000万人の観光客が訪れると言われる横浜中華街エリアにある自社所有物件「ポートタワー盛徳」にて、 民泊事業で多くの実績のあるzens株式会社(代表取締役:町田龍馬、 本社所在地:東京都渋谷区、 以下zens)と協働で、 『民泊事業』を開始いたしましたのでお知らせ致します。

【居室の内観】

【居室の内観】

【Airbnbでの紹介ページ】

【Airbnbでの紹介ページ】

リストプロパティーズが所有する本物件は、 横浜中華街エリアの一画の横浜市中区山下町に位置し、 横浜中華街の息吹をすぐ近くで体感することはもちろん、 鉄道のみなとみらい線元町・中華街駅から徒歩5分、 JR石川町駅から徒歩7分と交通の便も良く、 横浜/神奈川、 東京/首都圏観光の拠点としても利便性の高い魅力的な立地です。

広さは約68m2、 最大6名の宿泊が可能で1泊約8千円から、 下記のAirbnbのWEBサイトでご予約が可能となっております。 物件の所有と運営はリストプロパティーズが、 事業開始までのサポートと部屋の管理などの運用代行はzensが行います。
https://www.airbnb.jp/rooms/25955193?guests=6&adults=6

昨年事業を開始したリストプロパティーズでは、 今回の民泊事業以外にも、 スペースシェア事業等のシェアリングエコノミーへの取り組みを始めております。
変化の規模とスピードが激しい不動産市場に対する需要を敏感に感じ取りながら、 今後の不動産投資や活用に 活かせるよう様々な事業にチャレンジする方針です。 人口減少、 少子高齢化に伴って遊休不動産は増加傾向にあります。 リストプロパティーズは今回の民泊事業を一つのビジネスモデルとして遊休不動産の活用方法を増やし、 地域の新たな 価値を創出してまいります。

【「ポートタワー盛徳」概要】
所在地   :神奈川県横浜市中区山下町112-3
最寄駅   :みなとみらい線「元町・中華街」駅徒歩4分
民泊面積  :68.04平方メートル
構造・規模 :鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート造9階建て
詳細URL  : https://www.airbnb.jp/rooms/25955193?guests=6&adults=6

【zens株式会社】
創業    :2013年9月26日
本社    :東京都渋谷区千駄ヶ谷3-59-8 原宿第2コーポ 308
従業員数  :21名
代表    :代表取締役:町田 龍馬
URL    : http://www.zens.tokyo/

【リストプロパティーズ株式会社】
本社     :神奈川県横浜市中区尾上町3-35 横浜第一有楽ビル9階
代表取締役 :北見 尚之(きたみ ひさし)
業務種目  :不動産賃貸事業等

【リストグループ*/持ち株会社:リスト株式会社】
創業    :1991年 5月10日
売上高   :254 億円(2016 年度)
従業員数  :471 名
代表    :北見 尚之(きたみ ひさし)
事業地域  :神奈川・東京・ハワイ・アジア
URL    : http://www.list.co.jp/
事業説明動画: https://www.youtube.com/watch?v=04MOhp2zMvU

1991 年、 不動産仲介事業会社として創業し、 仲介/販売、 開発/分譲、 投資、 ファンド、 各種マネジメントの事業領 域を一貫して手掛け、 世界規模の不動産ネットワークと地域密着スタイルを強みとする“グローカル総合不動企業”として、 2019年までに売上500 億円を目指して参ります。

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。