LIFULL Social Fundingと楽天LIFULL STAY、「Rakuten STAY」の宿泊施設開発へのファイナンス支援で業務提携

– ファンドを活用した宿泊施設開発の促進により、地域を活性化 –

総掲載物件数No.1の不動産情報サイト「LIFULL HOME’S」等の住生活情報サービスを提供する株式会社LIFULL(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:井上 高志、 以下「LIFULL」)の子会社である株式会社LIFULL Social Funding(本社:東京都千代田区、 代表取締役:佐藤 大吾、 以下「LSF」)と、 楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役:太田 宗克、 以下「楽天LIFULL STAY」)は本日、 「Rakuten STAY」の宿泊施設開発へのファイナンス支援に関する業務提携に合意しました。

本提携は、 主に楽天LIFULL STAYが提供する民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」の宿泊施設開発を目的としています。 楽天LIFULL STAYが持つ旅館業および民泊事業の知見、 LSFが持つ資金調達やファンド運営の知見を活用し、 各地域での施設開発を促進します。 なお、 本提携ではLSFが本年11月21日に設立した「LIFULL地域創生1号投資事業有限責任組合(以下「LIFULL地域創生ファンド」)(注1)」からのファイナンス支援を活用します。

「LIFULL地域創生ファンド」は、 LSFが設立し、 LIFULLが出資者(有限責任組合員)としてすでに参画しています。 日本国内に存在する活用されていない不動産を、 戸建型宿泊施設、 グランピング、 ホステル、 カプセルホテルなどの民泊施設または簡易宿所や、 ホテル、 観光施設、 飲食施設、 営農施設などに利活用し、 地域創生に資する事業として投資することにより地域を活性化する仕組みづくりを行います。 金融機関や企業などの出資者は、 有限責任組合員として「LIFULL地域創生ファンド」に出資することにより地域創生に必要なファイナンス支援を行うことが可能です。

楽天LIFULL STAYは、 昨年11月に「Rakuten STAY」を開始し、 これまでに本サービスのサブブランドとして、 本年5月に「Rakuten STAY HOUSE(注2)」、 6月に「Rakuten STAY HOSTEL(注3)」の1号店が開業しています。 今後も本提携によるファイナンス支援を活用し、 施設のタイプに応じたサブブランドの拡充および運用代行サービスの提供を行っていきます。

 LSFと楽天LIFULL STAYは、 本提携による宿泊施設開発を通じて、 宿泊市場の拡大および地域創生に貢献してまいります。

(注1)関連プレスリリース URL: https://lifull.com/news/12899/
(注2)関連プレスリリース URL: https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2018/0528_02.html
(注3)関連プレスリリース URL: https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0606_02.html

■「LIFULL地域創生ファンド」について
「LIFULL地域創生ファンド」は、 日本国内に存在する活用されていない不動産を戸建型宿泊施設、 グランピング、 ホステル、 カプセルホテルなどの民泊施設または簡易宿舎や、 ホテル、 観光施設、 飲食施設、 営農施設などに利活用し、 地域創生に資する事業として投資することにより地域を活性化する仕組みづくりを行います。
金融機関や企業などの出資者は、 有限責任組合員として「LIFULL地域創生ファンド」に出資することにより地域創生に必要なファイナンス支援を行います。

ファンド名: LIFULL地域創生1号投資事業有限責任組合
投資対象: 遊休不動産の利活用等、 地域創生に貢献でき、 かつ本ファンドの目標利回りを達成できると判断した事業およびその事業を行う企業にかかる投資証券等
ファンド規模: 30~50億円(予定)

■「Rakuten STAY」について
「Rakuten STAY」は、 個人・法人を含む不動産オーナーに対し、 楽天が「Rakuten STAY」ブランドを提供し、 楽天LIFULL STAYが、 導入のコンサルティングから施工、 売上・収支管理、 清掃などの運用まで、 委託会社の協力を得て一括して運用代行を行うサービスです。 利用者は「Rakuten STAY」を導入した施設に宿泊すれば、 どこでも一貫したコンセプトに基づいた設備、 アメニティーグッズの利用や付帯サービスを受けることができるようになります。 民泊や簡易宿所を利用したことがないお客様も安心してご利用いただける環境を整えることで、 民泊・宿泊市場自体の拡大を目指しています。

■楽天LIFULL STAY株式会社
所在地: 東京都千代田区有楽町一丁目10番1号
代表者: 代表取締役 太田 宗克
事業内容: 民泊に関するプラットフォーム事業など
設立年月: 2017年3月
ウェブサイト: https://www.rakuten-lifull-stay.co.jp/

■株式会社LIFULL Social Funding
株式会社 LIFULL Social Fundingは、 国内最大級の寄付型クラウドファンディングサイトである「JAPANGIVING」の運営に加えて、 ファンドレイジングコンサルティング事業およびLIFULL HOME’S会員向けの融資サービス事業を行っています。 また、 株式会社LIFULLへのグループ参入以降、 「LIFULL地域創生ファンド」の運営に加えて、 不動産事業者向けの貸付型クラウドファンディング事業の開始準備をしています。 幅広い投資家層のニーズに応えるため、 寄付から投資までワンストップのプラットフォームを提供していきます。

所在地: 東京都千代田区麹町一丁目6番地2 アーバンネット麹町ビル7F
代表者: 代表取締役 佐藤 大吾
事業内容: 寄付型クラウドファンディングサイト「ジャパンギビング」運営
ファンドレイジングコンサルティング、 金融事業
設立年月: 2012年10月
ウェブサイト: https://lifull-socialfunding.co.jp/

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。