ホテル・旅館向け客室単価設定ツール「メトロエンジン」、2019年1月の新機能・アップデート情報

メトロエンジン株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役CEO:田中良介、 https://info.metroengines.jp/ )は、 ホテル・旅館向け客室単価設定および宿泊施設分析ツール「メトロエンジン」の新機能・アップデート情報をお知らせします。

2019年1月時点で提供開始されたおもな新機能・アップデート情報は以下のとおりです。

■ 競合施設のリアルタイム情報を取得できる機能を追加しました。

「競合調査」機能より、 リアルタイム情報取得機能(オンデマンド機能)を追加しました。
ボタン押下時点で登録した競合施設がOTA上に掲載しているプラン情報(価格・在庫情報)を反映します。
完了の際には取得時間が表示されます。

※対応OTAは順次拡大予定

■ 競合調査で『昼食・夕食』のプラン・オプション設定ができるようになりました。

「競合調査」機能より、 プラン・オプション設定に、 『朝食』に加え、 『昼食・夕食』の設定ができるようになりました。 設定すると、 競合施設の該当する対象プランのみの価格・在庫情報をご覧いただけます。
旅館に多い昼食・夕食付きプランでも調査可能となります。
 

■ ユーザーによる『お問い合わせ機能』を追加しました。

新たな機能として、 『お問い合わせページ』を追加いたしました。 ご利用ユーザーは、 お問い合わせページから、 ご利用上の不具合報告や新機能のリクエストを行うことができます。

■ 各種機能の説明文をご覧いただけるようになりました。

各種機能に、 機能の説明文・定義が見られる『機能の説明』を追加いたしました。
『機能の説明』をクリックすると、 その機能がどんな機能か、 数値が何をあらわしているか等に関する説明文が画面上に表示されます。

■ その他のアップデートは下記の通りです。

・「推奨ブラウザがGoogle Chrome」という通知ポップアップをログイン時に表示するようにしました

新機能・アップデート情報および「メトロエンジン」に関するお問い合わせはコチラ

https://metroengines.jp/contact/

「メトロエンジン」の登録はコチラ

https://web.metroengines.jp/

メトロエンジン株式会社について

メトロエンジン株式会社は、 民泊事業者向けに民泊やマンスリーなど物件の短期貸し出しに対応したクラウド管理ツール「民泊ダッシュボード」を提供。 ホテル・旅館向けには、 リアルタイムのビックデータから人工知能・機械学習を活用し客室単価の設定を行うレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」の提供を行うなど宿泊事業者向けのサービスを提供しています。

「メトロエンジン」

リアルタイムのビックデータから人工知能・機械学習を活用し客室単価を導くレベニューマネジメントツール

https://metroengines.jp/

「民泊ダッシュボード」

民泊など物件の短期貸し出しに対応したクラウド管理ツール

https://minpaku-dashboard.jp/lp/index.html

「マンスリーエンジン」

短期賃貸物件のWEB掲載から契約まで一元管理できるクラウドツール

https://monthlyengine.co
 

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。