マンスリーマンション管理ツール「マンスリーエンジン」、2019年1月の新機能・アップデート情報

メトロエンジン株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役CEO:田中良介、 https://info.metroengines.jp/ )は、 マンスリーマンション管理ツール「マンスリーエンジン」の新機能・アップデート情報をお知らせします。

2019年1月に提供開始されたマンスリーエンジンのおもな新機能・アップデート情報は以下のとおりです。

■ダッシュボード(トップページ)に、 レポートが表示されるようになりました

当月と前後3ヶ月、 および前年同時期の売上・稼働率の推移が棒グラフと線グラフで表示され、 現在のトレンドと先々のトレンドを視覚的に確認する事ができます。 月ごとの稼働率や契約種別、 顧客種別の件数も表示されます。 当日の入居者・退去者の一覧も確認できます。
 

■部屋情報に契約期間・運用期間・借り上げ賃料などを入力できるようになりました

ダッシュボードのレポートへ表示する稼働率や、 粗利の計算のため、 部屋情報に部屋の契約期間と運用期間、 借り上げ賃料やその他費用を入力する事ができるようになりました。

【部屋情報入力画面】

 

【建物ごとの部屋情報一覧画面】

■その他のアップデートは下記の通りです
・法人顧客のリクエストを入力する際、 本人確認資料のアップロードが不要になりました

メトロエンジン株式会社について

メトロエンジン株式会社は、 民泊事業者向けに民泊やマンスリーなど物件の短期貸し出しに対応したクラウド管理ツール「民泊ダッシュボード」「マンスリーエンジン」を提供。 ホテル・旅館向けには、 リアルタイムのビックデータから人工知能・機械学習を活用し客室単価の設定を行うレベニューマネジメントツール「メトロエンジン」の提供を行うなど宿泊事業者向けのサービスを提供しています。

「マンスリーエンジン」

短期賃貸物件のWEB掲載から契約まで一元管理できるクラウドツール

https://monthlyengine.co

「民泊ダッシュボード」

民泊など物件の短期貸し出しに対応したクラウド管理ツール

https://minpaku-dashboard.jp

「メトロエンジン」

リアルタイムのビックデータから人工知能・機械学習を活用し客室単価を導くレベニューマネジメントツール

https://metroengines.jp

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。