『Vieuno Stay(ビューノステイ)』で宿泊事業に本格参入

『Vieuno Stay』の宿泊施設(イメージ)

『Vieuno Stay』の宿泊施設(イメージ)

パナソニック ホームズ株式会社(以下、 パナソニック ホームズ)は、 高まるインバウンド需要の受け皿として民泊新法などの宿泊事業関連の法令が整備される中、 2018年6月に東京・大阪の都市部土地オーナーを中心に宿泊事業のテストマーケティングを開始しました。 当初目標とした2018年度受注棟数(10棟)を約9か月間で達成するなど、 宿泊事業の需要性を確認したことで、 パナソニック ホームズは、 2019年度に宿泊事業へ本格参入します。 工業化住宅最高(※1)の9階建てまで建築可能な『Vieuno(ビューノ)』と宿泊事業の運営サポート体制を組み合わせて提案する、 『Vieuno Stay(ビューノステイ)』により、 2019年度受注目標棟数13棟(受注金額54億円)を目指します。

このたび、 2018年度受注案件の中から、 第1号となる『Vieuno Stay』(東京都大田区)の建築着工を2019年4月25日より開始し、 約8か月後の2019年12月に竣工予定です。 同施設には、 パナソニック ホームズが戸建・賃貸住宅や商業施設まで長年培ってきた設計ノウハウを生かすとともにパナソニックの先進設備を複数採用。 最上階の客室には、 パナソニック美容・リフレ家電を備えた「Be-Lounge(R)」(※2)を設けます。 「Be-Lounge(R)」は、 セルフエステを楽しむ空間づくりが特長であり、 パナソニック ホームズ提案の宿泊施設への導入は初(※3)となります。

また、 パナソニック ホームズはインバウンドの約4.4倍(※4)の国内旅行消費額となる日本人の国内旅行動向にも着目し、 宿泊施設に対する意識調査を実施しました(※5)。 調査結果からは、 ホテル利用意向は高いものの、 コストの高さや大人数では泊まれないことへの不満が明らかとなりました。 一方、 民泊に対してはコストパフォーマンスの良さや大人数で泊まれるメリットを感じつつも、 セキュリティや設備への不安や不満が伺えました。 現状、 東京都内のホテル1室あたりの宿泊人数は、 1人~2人が中心であり、 3人以上で泊まれる部屋数は全体の1.5%(※6)と限定的です。 このたび展開する『Vieuno Stay』は、 将来的な賃貸への転用も見据え、 キッチンやバス、 リビングを備えた1LDKプランを中心に、 家族が揃って寛げる都市型コンドミニアムの宿泊スタイルを提案します。 『Vieuno Stay』での宿泊体験を通じ、 多くの方にパナソニックが目指す、 くらしに寄り添う“快適な空間”“豊かな時間”を体感いただくショウケース的な役割も担えると考えています。

東京オリンピックの開催時期には、 都内で約1.4万室(※7)の客室不足が予測される中、 工業化住宅の特長である短工期を生かすことで、 オリンピック前のホテル開業も可能(※8)となり、 供給不足への緩和にもつながります。

<Vieuno Stay ビューノステイ=宿泊事業の総称>
1. 宿泊運営はお任せ!サブリーススキーム「インバウンド・リンク(R)」(※9)を用意
2. 宿泊者と建物を守る重量鉄骨ラーメン構造と美観を保つ光触媒タイル
3. 宿泊者満足度を上げる空間設計力とパナソニック美容家電を常設「Be-Lounge(R)」

※1 工業化住宅において。 2018年3月パナソニック ホームズ調べ。
※2「Be-Lounge(R)」は、 パナソニック株式会社の登録商標です。
※3 パナソニック コンシューマーマーケティング株式会社が納入する「Be-Lounge(R)」を、 パナソニック ホームズ建築の宿泊施設に採用する物件において。 (2019年4月時点)
※4 出典:観光庁「旅行・観光消費動向調査」(2018年年間値-速報-)。 日本人国内旅行消費額観光庁「訪日外国人消費動向調査」(2018年-確報-)。 訪日外国人旅行消費額それぞれの旅行消費額を比較した場合。
※5 1年以内に旅行した日本人500人と、 民泊利用経験者200人、 計700人を対象に実施したインターネット調査。 (2019年3月22日~25日)
※6 出典:日本ホテル協会「支部別室数収容力等集計表」。 東京支部における室数別収容人数(2017年7月)。
※7 出典:みずほ総合研究所みずほレポート「タイプ別、 市区町村別にみたホテル客室不足の試算」(2018年10月29日)
※8 敷地条件、 規模、 仕様等によっては、 対応出来ない場合があります。
※9「インバウンド・リンク(R)」は、 パナソニック ホームズ株式会社の登録商標です。

【お問い合わせ先】
パナソニック ホームズ株式会社 宣伝・広報部
〒560-8543 大阪府豊中市新千里西町1-1-4
TEL:06-6834-1955

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 『Vieuno Stay(ビューノステイ)』で宿泊事業に本格参入(2019年4月25日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/04/jn190425-1/jn190425-1.html

<関連情報>
・パナソニック ホームズ『Vieuno Stay(ビューノステイ)』
https://homes.panasonic.com/tasoukai/stay/

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。