SQUEEZE、新規施設を2019年6月18日オープン『Theater × Hotel』、大型スクリーンで映画を楽しめるホテルとして好評なTheatelブランド、大阪初上陸!

株式会社SQUEEZE (本社:東京都港区、 代表取締役社長:舘林  真一、 以下、 「当社」) は、 約80インチの大型スクリーンで映画や動画・テレビも見放題(注)で楽しめる「Theatel Osaka Ebisu(シアテル大阪えびす)」( https://theatel.asia/ )を2019年6月18日に開業いたします。
 

Theater(シアター) × Hotel(ホテル)というコンセプト
当施設は、 くつろぐ × エンターテイメント × 利便性を追求し、 Theater(シアター)× Hotel(ホテル)の着想を得て、 「Theatel」と名付けられました。

2018年8月にオープンしたシアテル羽田は、 国内外問わず多くのお客様にご利用いただいており、 この度大阪に2号店をオープンする運びとなりました。
 

今回開業するのは難波・日本橋からも徒歩圏内、 注目度が増している新世界エリアからほど近い恵比須町。 恵美須町駅(堺筋線・阪堺電車)、 今宮戎駅(南海線)から徒歩3分ほどの近さに加え、 大国町駅(御堂筋線・四ツ橋線)、 新今宮駅(JR線・南海線)と全ての駅に徒歩10分以内にアクセス可能です。

アクセス上の強みからビジネス需要、 通天閣に近く観光資源にも恵まれているためインバウンド需要も見込め、 これから益々発展していく可能性を秘めた立地です。

「シアテル大阪えびす」では広いロビーとは対照的にコンパクトな客室を活かし、 シンプルなインテリアと自宅のように素足で過ごせる小上がり空間に仕上げました。

今回初めて一部の客室に和室を設け、 「和室 × シアター」という新たなコラボレーションで映画館にいるような迫力ある映像はそのままに、 ご要望が多かったテレビチューナーを完備し、 映画だけではなくテレビも同時にお楽しみいただけるよう進化しております。
 

■宿泊業界における人材不足課題の解決策となるシェアリングエコノミーのコンセプト

当社の宿泊施設運営ではシェアリングエコノミーの要素を取り入れることに力を入れております。 ゲストの旅前から滞在中のお問い合せや予約受付は、 当社に登録されている国内外のクラウドワーカーが多言語にて、 オンラインコンシェルジュとして対応を行います。 日常の客室清掃においては、 当施設の地域に住む方々へ、 清掃のお仕事がクラウドソーシングされる仕組みを確立しております。
 

これらのオペレーションを可能にするのが、 当社が提供する宿泊運営SaaS 「suitebook(スイートブック)」 です。 これまで当社では、 ホテル、 民泊、 旅館等、 約1,000室を運営受託してきました。 そのノウハウと運営実務を活かしながら開発を行っております。 さまざまな媒体を経由して発生するゲストの予約情報など様々な情報を一元管理することで、 遠隔地からでも漏れのない効率的なゲスト対応や清掃管理が可能です。 suitebookは現在、 全国約2,000施設に導入され、 ホテル・民泊の運営プラットフォームとして、 多くの企業・宿泊施設様にご利用いただいております。

<Theatel Osaka Ebisu の概要>
■名称:「Theatel Osaka Ebisu(シアテル大阪えびす)」
■所在地:〒556-0003 大阪市浪速区恵美須西1丁目4−4
■居室数:全48室
■1部屋あたり宿泊人数:2名
■最大収容人数:96名
■開業予定日:2019年6月18日
■URL: https://theatel.asia/
■アクセス: 
大阪メトロ 堺筋線「恵美須町」駅 約150m
大阪メトロ 御堂筋線 四ツ橋線「大国町」駅 約650m
南海電鉄 今宮戎駅 約200m
JR大阪環状線 新今宮駅 約750m

【株式会社SQUEEZEについて】
設立:2014年9月
本社所在地:東京都港区北青山3-3-7 第一青山ビル3F
代表者:舘林 真一
資本金:1,317,220,000円(資本準備金を含む)
URL: https://squeeze-inc.co.jp/
事業内容:
遊休不動産・宿泊施設に対するプラットフォーム事業およびスマートホテル事業

SQUEEZEは、 「価値の詰まった社会を創る」という企業ミッションのもと、 ホテル・民泊などの宿泊事業者向けクラウドソーシングサービスを2014年にローンチ。 その後、 自社開発の宿泊運営SaaSである「suitebook」の提供を開始。 プラットフォーム事業として、 スマートロック販売事業や民泊のデータ分析等、 顧客が必要とするあらゆるサービスをワンストップで提供できる体制を整備して参りました。 また「Minn – ミン」「Theatel – シアテル」というブランドのもと、 直営のスマートホテルも展開しております。
 

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。