ビッグデータとAIを駆使したトラベルサービス「atta」、本アプリリリース後39日で410万円分の宿泊予約料金をAIでお得に

ビッグデータとAIを使った旅行アプリ「atta(あった)」を運営する株式会社atta (アッタ、 本社:東京都荒川区、 代表取締役社長:春山佳久)は、 2019年7月4日の本リリース後、 39日間で合計410万円を超える宿泊予約料金がお得になった通知をユーザーにお届けしました。

 

atta_AIで宿泊予約をお得に

atta_AIで宿泊予約をお得に

現在attaアプリ上では、 世界中218カ国・地域の100万軒を超えるホテル・旅館・民泊・別荘といった宿泊施設を多数の宿泊予約サイトを横断的に一括で簡単に比較検索ができ、 AIで宿泊施設の需要供給状況を解析し、 今後宿泊料金がより安くなる確率を提示いたします。 そしてプライスアラート機能として提示宿泊料金が下がった時にユーザーに対してリアルタイムにお手元のスマホに情報をお届けします。 さらに、 満室だった宿泊施設に空室が生じた時にお知らせする、 空室アラートも展開をしています。
今回、 アプリリリース後39日でこのプライスアラート機能で旅行者に対し、 合計410万円を超える宿泊予約料金がよりお得になったお知らせを提供できました。
 

atta通知

atta通知

本件を受けて、 代表の春山は、 「当社アプリで宿泊をよりお得に予約するアシストができており大変うれしく思います。 お得に宿泊し、 滞在先で美味しいごはんや現地アクティビティを楽しんで、 素晴らしい旅にして頂きたいと思います。 」とコメントしております。
 

 

■株式会社atta(あった)とは
株式会社attaは「旅」×「テクノロジー」のトラベルテックスタートアップです。 テクノロジー使って旅行を科学し、 旅行前にユーザーが感じるペインを解決します。 世界約100万宿泊施設の料金に対して、 独自のビッグデータとAIを駆使し、 今後より安くなる確率を提示し、 安くなったらスマホにお知らせが届くことでお得に宿泊予約が可能になるサービス「atta」をiOS、 Androidアプリ、 日本語・英語の両言語にて展開しています。
また、 Facebookが実施しているスタートアップ支援プログラム「FbStart」にて、 「Bootstrap」に認定、 その他、 朝日メディアアクセラレーションプログラム5期生、 株式会社電通が運営するスタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」の1期生、 アジア最大級のテックイベントRISEカンファレンスイベント2019のピッチバトル参加53社に日本から唯一、 選出をされています。

<会社概要>
・社名: 株式会社atta (あった)   英語表記: atta Inc.
・設立: 2018年3月12日
・代表取締役社長: 春山佳久
・資本金:2億5600万円(資本準備金含む)
・所在地: 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-6-10 gran+NISHINIPPORI 5階
・コーポレートサイト: https://atta.ai/company/jp/
・事業内容: 世界100万宿泊施設の料金をAIで、 今後、 宿泊料金がより安くなる確率を提示し、 さらにお得に予約が可能になるサービス「atta」の運営および旅行データの分析・提供

<本件のお問い合わせ>
株式会社atta
TEL:03-4500-2185
E-mail:pr@atta.ai

 

投稿者: 編集部担当デスクA

編集部担当デスクA
民泊・インバウンドについてのメディア記事を編集しています。